金欠トレード戦記

金無し中年男の、愛と欲望の人生逆転FX物語

2021年第46週:手法変更でトレード数激減。過去検証をコツコツ実践。

f:id:marori_trader:20211114103819p:plain

 

【戦績】 5戦1勝4敗0分/勝率20.00%

USD/JPY ● -25pips
AUD/USD ○ +50pips
AUD/USD ×(注文ミスで手数料分損失)
AUD/USD ● -25pips
NZD/USD ● -25pips

 

今までポンドルやポン円のスキャルに近い短期トレードをやってきたのだけど、今週からデイトレードレベルで長く持つ手法に変更。その結果トレード数が大幅に減る。5戦の内、1つは想定通りの良い感じのトレード。1つは単純な注文ミスで即損切したもので仕方なし。

問題は残りの3つ。3トレードとも少しは伸びたのだけど、どうやら入った時は中期足トレンドの底値圏、もしくは深い戻しのタイミングだったようで、突き返されて撃沈といった似たようなパターンで敗戦。何気に経済指標の影響も大きく、米国CPIとミシガン指数の結果が逆であれば、ガッツリ勝てていた可能性もあり、こればっかりは事前には分からない。重要な指標がある日は、前後で時間足を短くした短期トレードを狙うか、ポジションを持つにしても、発表前に最低限の利益を確保して握っておきたいところ。

後は過去検証の必要性を実感。今まではリアルタイム検証であったけれど、トレード数が減った分、データが少なくなってしまう。データが少なければ、確率も期待値も十分信頼できる値まで持っていけない。なのでコツコツ検証を実践中。良い感じのデータが十分取れてきたら、Lotを徐々に上げて本科的に利益を狙っていきたい。