金欠トレード戦記

金無し中年男の、愛と欲望の人生逆転FX物語

2021年第30週:ポンドドルで新たな手法に開眼。相場の理解がさらに深まった週。

f:id:marori_trader:20210724185242p:plain

 

【戦績】 33戦18勝15敗0分/勝率54.55%/残高前週比-5.94%

 

今週はポンドドルのみを実践し、新たな手法のデータ取りに終始。

トレンドラインや水平線を引きまくって、強い反発点をピンポイントで狙っていくスタイルなのだが、どうやら自分と相性が良い感じ。今までのエントリの方法よりも根拠が明確で、エントリの事後評価がしやすいのが気に入っている。

たくさんラインを引いていると、強い反発ポイントには、大抵は何かしら根拠があることに気付いた。なぜこのポイントで反発したのだろうと後で考えるのも結構楽しい。引き続きこの方法を試して、より期待値の高いポイントを探りたい。

 

あと、ソフトウェア周りで一つトラブルが発生。cTraderのChromeWEB版を愛用しているのだが、チャート上の履歴の矢印(”取引マップ”という)が表示されない不具合が出てきてしまった。中々直らないので利用しているFX業者さん(AXIORY)に相談中なのだが、アドバイス通りに色々やってみたものの、未だ解決せず。

トレードを終えた時に、毎回取引マップ付のチャートのスクショを撮って、その上に描画ソフトでレビューを書いているのだが、表示されなくなると非常にやりづらくなるので、かなり困る。

仕方ないのでWEB版で実際のトレードを行った後、デスクトップ版のcTraderで新たにラインを引き直した上で、スクショを撮ってレビューを書いている。ラインを新たに引き直すのは面倒だが、トレード中には気が付かなかったことに気付けたりして、意外に振り返りの方法として最適かもしれない。

ちなみになぜデスクトップ版よりWEB版を愛用しているかというと、cTraderの場合、WEB版の方が個人的にラインが引きやすいからというのが、最大の理由。頂点にポイントしやすく、ロックがしやすい仕様になっている。

最近のブラウザは、WEBアプリケーションをブラウザとしてでなく最初からアプリっぽく起動できるので、使用感はほとんど変わらない。デスクトップ版より起動に時間がかからないのもグッド。

ただデータ保持の面で勝手が違うことで、今回のような不具合が起きたのかなあと予想。とりあえず早く直ることを祈っている。

 

f:id:marori_trader:20210724184444p:plain
ポンドドル 第30週(黄矢印:勝ち/緑矢印:負け)