金欠トレード戦記

金無し中年男の、愛と欲望の人生逆転FX物語

2021年第31週:ひさしぶりに大きく負け越し。改善点多数。常勝トレーダーへの道はまだ遠い。

f:id:marori_trader:20210802061301p:plain

 

【戦績】 33戦12勝21敗0分/勝率36.36%

今週もポンドルオンリー。そして久しぶりに負け越して勝率悪し。

原因は主に3つ。

 

その1.損切早過ぎ

比較的良いポジションでエントリ下にも関わらず、一時の下落で失敗したと勘違いして、最初に設定していた損切ラインよりも早めに切ってしまったトレードが、そこそこあった。その中には、かなり伸びたものもあっただけに、かなりの機会損失。機会を半分は手にしていたにも関わらず、自ら手放してしまっただけに余計に悔しい。

 

その2.分割決済の2発目が中々決まらない

基本、決済を2分割している。1発目は比較的チキン目の利確で、2発目はできるだけ伸ばしていく形。その2発目の撃沈率が高かった。

2発目が思うように伸びず、握り続けて建値以下で撃沈、1発目の利益が飛ぶ、というパターンが結構あった。その原因は、決済ポイントの事前分析が甘かったこと。エントリの事前分析は割とできるようになってきて、だからこそ1発目の勝率はかなり高いのだけれど、エントリの分析に集中し過ぎて、決済を勘に頼ってしまっている部分がある。特に上位足レベルの分析が甘い感じなので、この辺は要改善。値幅少ないと見立てた時は、全決済を即選択できるようになりたい。

(ちなみに、取引回数のカウントは決済回数を基準にしている。つまり2分割決済の場合、1エントリ2決済で、これは取引回数としては2回とカウントしている。1決済目は利益を出して、2決済目は損失であれば、戦績としては1勝1敗になる。)

 

その3.ミスが続くとポジポジ病発動

思うようなタイミングでエントリできなかったり、ミスが続いて損失が膨らむと、それを早く取り戻そうとするせいか、後から見ると期待値の低い所でエントリしてしまう癖があることに気付いた。

これでたまたま勝てていれば良いのだが、こういった時に限って連敗が続いてしまうもので、ますます損失計上、メンタルネガティブの悪循環に。これを2日連続でやってしまい、週後半である程度取り戻したものの、結果大きく負け越す形になってしまった。これらの無駄打ちがなければ、ほぼ損益イーブンだっただけけに悔やまれる。少なくともデータとして意味のないトレードは今後すべきではない。

今度から無駄なエントリをしてしまったら、自らに罰金を科すことにする。無駄なエントリをしたら罰金箱という名の貯金箱に貯めて、貯まった分を嫌いな政治家とか団体に寄付することにした。

 

f:id:marori_trader:20210802060446p:plain
GBPUSD 第31週(黄矢印:勝ち/緑矢印:負け)