金欠トレード戦記

金無し中年男の、愛と欲望の人生逆転FX物語

2021年第34週:まだまだ続く連敗街道。でも逆に面白くなってきた。

f:id:marori_trader:20210821191850p:plain

 

【戦績】 21戦5勝16敗0分/勝率23.81%

今週もポンドル中心。ポン円を少々。そして負け越しはまだまだ続き、これで4週連続3割強以下の勝率。例によって敗因分析。

 

1. 上位足の分析が甘い

これは毎度のこと。ただちゃんと意識するようになった分だけ、多少は改善されたように思う。問題はむしろ次。

 

2.チャンスに慎重になり過ぎて、良いエントリポイントを逃す

これはチャンスだというポイントで、”本当か?次も負けるんじゃないか?”といった妙な恐れが出て、エントリタイミングを逃すことが多かった。無理に遅れて入った場合、想定より伸びずに戻って損切られた直後、再び大きく方向が変わって一気に伸びる、といったことも数度。つまりエントリ遅くなってしまった分、損切を深くしないと切られやすくなってしまう。でも深い損切は嫌だ、というジレンマ。

 

3.チャンスを逃した後、リスクの高いトレードをしてしまう

絶好のチャンスを逃した時に多かった。まだチャンスが続くと思って追っかけ気味に狙うのだが、もう伸びしろはなくて撃沈、というパターン。

 

2と3のコンボが要因として大きかった。つまり期待値の高いトレードを逃し、そのチャンスを逃したゆえに今度は期待値の低いトレードに手を出してしまい、負けが込んでしまう悪循環。

とりあえずの対策としては、しばらく勝ち負けにこだわらず、ここだと思ったところできっちりエントリすることを心掛けたい。それをやらないと始まらないし、やらないがゆえにそれこそ終わってしまっているから。頑張ります。

 

f:id:marori_trader:20210821190932p:plain
GBPUSD 第34週(黄矢印:勝ち/緑矢印:負け)

 

f:id:marori_trader:20210821191010p:plain
GBPJPY 第34週(黄矢印:勝ち/緑矢印:負け)