金欠トレード戦記

金無し中年男の、愛と欲望の人生逆転FX物語

2021年第38週:引き続き勝率3割台。1歩進んで2歩下がる。ポン円とポンドルの違い。

f:id:marori_trader:20210919185323p:plain

 

【戦績】 21戦8勝11敗2分/勝率38.10%

先週に引き続き、今週も勝率3割台。例のポジポジ病はうまく抑えていたのだが、1日だけ発動してしまい、損失拡大。それが大きく響き、週単位で成績を落とす羽目に。

なんというか、その時だけなんだかボーっとしていて、ルールを忘れてしまっていた。コンディションが悪い時にトレードするのは、全くよろしくない。節度というか、規律というか、そういうのが自分の中にないと、安定して勝ち続けるのは難しい。初心忘るべからず。

 

あと、今週はポンドルとポン円を半々程度でやってみた。ポンドルとポン円の違いを軽く書き留めておくことにする。

ポン円の方が波が多く、スキャルから短期トレードならポンドルよりチャンスが多い印象。ポン円ロングで攻めたとして、ポンド高と円安が連鎖的に続けば、短期間で一気に伸びることもある。つまりリスクリワード比をリワード高めに設定できる。ただポンドルとドル円の両方を意識しないといけないため、難しい。上級スキャルパーのための通貨、という感じ。

一方ポンドルの方は、ポン円よりもトレンドラインや水平線に敏感に反応する印象。ゆえに反発ポイントがポン円よりも分かりやすく、エントリや決済のポイントを探りやすい。ただ一度伸びてトレンドができるとジリ上げ展開が続き、中々戻って来ない時が多い(いわゆる押目待ちの押目なし展開)。その時のうまくエントリできていなければ、チャンスを逃した感は半端ない。スキャルや短時間トレードよりも、(自分はほとんどやったことないが)じっくり機会をうかがって入るデイトレードやスウィングに向いている気がする。

 

f:id:marori_trader:20210919183121p:plain
GBPUSD 第38週(黄矢印:勝ち/緑矢印:負け)

 

f:id:marori_trader:20210919183146p:plain
GBPJPY 第38週(黄矢印:勝ち/緑矢印:負け)